【東京モーターショー2017】グッドイヤー、AI搭載の球形コンセプトタイヤを日本初公開予定

自動車 ニューモデル モーターショー

グッドイヤーのブースイメージ
  • グッドイヤーのブースイメージ
  • イーグル360アーバン
  • モーフィングタイヤ トリプル・チューブ
  • 発電タイヤ BH-03
  • イーグル360
グッドイヤーは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に、「モビリティ社会の実現に向けて」をテーマとして出展する。

グッドイヤー ブースでは、球形コンセプトタイヤ「イーグル360」および「イーグル360アーバン」を日本初公開する。イーグル360は球体の形状により、自動運転車に究極の操作性と接続性を提供。自然界の生物の機能を模倣した技術(バイオミミクリー)を取り入れて、安全性も高めている。また「イーグル360アーバン」は、イーグル360にAI技術を搭載した進化版。バイオニックスキンと呼ばれるタイヤ表面にセンサー技術を搭載し、路面状況や天候気象を感知。AI技術が指示を促すことでタイヤトレッド表面が凹凸に変形し、より安全な走行を実現する。

そのほか同社ブースでは、熱伝素子と圧電素子による発電タイヤ「BH-03」や、路面状況をモニタリングしタイヤが自在に変形する「トリプル・チューブ」などのコンセプト商品を展示。さらに「ベクターフォーシーズンズハイブリッド」「アイスナビセブン」をはじめとする主力商品のほか、来春発売予定の新商品も先行紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集