AIがドライバーの運転安全性を判断、NTTコミュニケーションズが技術を開発

自動車 テクノロジー 安全

一時停止すべきことを指定する道路標識など
  • 一時停止すべきことを指定する道路標識など
NTTコミュニケーションズは、日本カーソリューションズ(NCS)とAI(人工知能)技術「ディープラーニング」を活用して運転の安全性を自動検知することに成功した。両社が3日発表した。

NCSは、カーリースを契約している企業に安全運転促進のための自動車IoTツールとして「NCSドライブドクター」を提供している。このサービスのオプションである「NCS交通安全プログラム」の映像解析サービスでは、専任スタッフが車載器に記録された映像ビッグデータの中から、「交通違反につながるヒヤリハット」などさまざまな危険運転シーンを抽出し分類している。

今回のデータ解析に関する実験ではAI技術による物体検出アルゴリズムを用いて「NCS交通安全プログラム」の映像解析サービスで利用中のドライブレコーダーの録画映像から、道路標識などにより一時停止すべきことが指定されている場所で、一時停止しなかった事象を検知対象に設定した。

このアルゴリズムを用いて約2000件の映像の中から一時停止しなかった事象と判断された映像を抽出したところ、96%という実用可能な精度で検知することに成功した。これにより、ドライブレコーダーから危険運転を自動検知し、運転手の意識向上や事故軽減など安全運転の実現に寄与するとしている。

NTTコミュニケーションズは実験で確立したアルゴリズムを車両向けAI/IoTソリューションとして提供していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集