中国吉利、英スポーツカー ロータスの買収完了…経営陣も刷新

自動車 ビジネス 企業動向

ロータス・エヴォーラ GT430
  • ロータス・エヴォーラ GT430
  • ロータス・エヴォーラ GT430
  • ロータス・エヴォーラ GT430
中国の浙江吉利控股集団(吉利)は9月29日、英国のスポーツカーメーカー、グループロータスの買収手続きが完了した、と発表した。

浙江吉利控股集団は、スウェーデンのボルボカーズの親会社として知られる。2017年5月、吉利はグループロータスの株式の51%を取得し、傘下に収めると発表。同時に、グループロータスの親会社だったマレーシアの自動車大手、プロトンの49.9%の株式も取得している。

今回の買収手続きの完了とともに、グループロータスの経営陣を刷新。5名の取締役のうち、3名を浙江吉利控股集団が送り込む。取締役会の会長には、吉利でCFO(最高財務責任者)兼上級副社長を務めるDaniel Donghui Li氏が就任する予定。

なお2014年から、グループロータスを率いてきたジャン=マルク・ゲールズCEOは、引き続きその地位にとどまる。

グループロータスは2017年上半期(1~6月)、世界新車販売台数が前年同期比10%増と好調。今後はロータス『エヴォーラGT430』などの新型車をはじめ、主力の米国と中国市場を中心に、さらなる攻勢に打って出る。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集