マツダがマレーシアの生産体制強化…CX-5 新型の現地組立開始

自動車 ビジネス 海外マーケット
マツダ マレーシア工場 マツダ・クリム・プラント 検査工程
  • マツダ マレーシア工場 マツダ・クリム・プラント 検査工程
  • マツダ マレーシア工場 マツダ・クリム・プラント(イノコム社工場)全景
  • マツダ マレーシア工場 マツダ・クリム・プラント 車体工場
  • マツダ マレーシア工場 マツダ・クリム・プラント 車体工場
  • マツダ マレーシア工場 マツダ・クリム・プラント 車体工場
  • マツダ マレーシア工場 マツダ・クリム・プラント 車体工場
  • マツダ マレーシア工場 マツダ・クリム・プラント 新塗装工場
  • マツダ マレーシア工場 マツダ・クリム・プラント 新塗装工場
マツダは9月28日、マレーシアの生産販売会社「マツダ・マレーシア」が8月29日より現地組立している新型『CX-5』を披露するとともに生産体制を強化したことを発表した。

マツダ・マレーシアは、新型CX-5を現地組立するにあたり、約23億円を投資して、マツダ車専用の高意匠色用塗装工場を新設。マツダブランドを象徴する「ソウルレッドクリスタルメタリック」をはじめとする高意匠色の生産を実現。さらに車体工場の溶接工程の一部を自動化するなど、マツダのマザー工場である宇品工場(広島県)や防府工場(山口県)と同等の技術を取り入れた体制を確立し、より高品質なマツダ車の生産を可能とした。

なお、マレーシアで生産された新型CX-5は、従来の供給先である同国とタイに加えて、今後フィリピン、インドネシア、カンボジア、ミャンマーなどに輸出する計画だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集