メルセデス AMG GT 4ドア、エンジンフードが開いた!エンジンの正体は

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデス AMG GT 4ドア スクープ写真
  • メルセデス AMG GT 4ドア スクープ写真
  • メルセデス AMG GT 4ドア スクープ写真
  • メルセデス AMG GT 4ドア スクープ写真
  • メルセデス AMG GT 4ドア スクープ写真
  • メルセデス AMG GT 4ドア スクープ写真
  • メルセデス AMG GT 4ドア スクープ写真
  • メルセデス AMG GT 4ドア スクープ写真
  • メルセデス AMG GT 4ドア スクープ写真
メルセデスAMGが、 3月のジュネーブモーターショーで公開した4ドアファストバック、『AMG GT 4ドア』(仮称)プロトタイプのエンジンフードがオープン、その瞬間を激写した。また、今回はコックピットの撮影にも成功している。

カメラマンからのレポートによれば、搭載されていたエンジンは、『AMG E63』と同じ4リットルV型8気筒ツインターボエンジンの可能性が高いという。このガソリンエンジンモデルはエントリーモデルと思われ、最高出力600ps以上を発揮するという。遅れて発売が期待されるトップモデルの「EQ POWER+」ハイブリッドは、800ps以上と噂されている。

コックピットは、「ウルトラワイド デジタルディスプレイ」を装備。丸みを帯びたクロムベゼルには、まるで大きなiPadを思わせる。エアコン吹き出し口はジェット機のタービンを彷彿させるデザインだ。

「AMG GT 4ドア」のベースモデル市販型は2018年、ハイエンドとなるハイブリッドモデルは2019年の登場が予想されている。
◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集