貨物列車もトラック代行開始…JR貨物、日豊本線一部不通に対応

鉄道 企業動向
日豊本線の一部不通に伴いJR貨物もトラックによる代行輸送を開始。5tコンテナ(写真)で1日あたり往復186個の輸送力を提供する。
  • 日豊本線の一部不通に伴いJR貨物もトラックによる代行輸送を開始。5tコンテナ(写真)で1日あたり往復186個の輸送力を提供する。
  • 代行輸送の運行体系。
JR貨物は9月27日、日豊本線臼杵~佐伯間の運転見合わせに伴い開始したトラック代行輸送の概要を発表した。

JR九州の日豊本線は台風18号の影響で土砂の流入などが発生し、現在も臼杵~佐伯間で運転を見合わせている。この区間では通常、JR貨物も福岡・北九州・関東・関西の各地区と延岡地区を結ぶ貨物列車を1日4本運行している。1日あたりの輸送力(往復)は5tコンテナ186個(930t)で、化学薬品や科学工業品、食料工業品などを運んでいる。

トラック代行輸送は9月26日から、西大分駅~延岡駅間と都城オフレールステーション~佐土原オフレールステーション間で開始。いずれも5tコンテナ換算で往復30個分の輸送力になる。日曜日は運休するが、祝日の運行は検討中という。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 豊肥本線、三重町~中判田間も10月2日再開へ…日豊本線不通は長期化 画像 豊肥本線、三重町~中判田間も10月2日再開へ…日豊本線不通は長期化
  • 京都丹後鉄道が全線復旧…日豊本線も一部再開 画像 京都丹後鉄道が全線復旧…日豊本線も一部再開
  • 秋田港「ボートトレイン」試験運行始まる…JR東日本の旅客列車、貨物線に乗入れ 画像 秋田港「ボートトレイン」試験運行始まる…JR東日本の旅客列車、貨物線に乗入れ
  • JR貨物、新型ディーゼル機関車「DD200形」開発…電気式を採用 画像 JR貨物、新型ディーゼル機関車「DD200形」開発…電気式を採用

特集