【フランクフルトモーターショー2017】メルセデス Sクラス、PHVにも改良新型…EVモード1.5倍

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツSクラス改良新型の S560e
  • メルセデスベンツSクラス改良新型の S560e
  • メルセデスベンツSクラス改良新型の S560e
  • メルセデスベンツSクラス改良新型の S560e
  • メルセデスベンツSクラス改良新型の S560e
  • メルセデスベンツSクラス改良新型の S560e
  • メルセデスベンツSクラス改良新型の S560e
  • メルセデスベンツSクラス改良新型の S560e
  • メルセデスベンツSクラス改良新型の S560e
メルセデスベンツは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、『Sクラス』の新たなプラグインハイブリッド車(PHV)グレード、「S560e」を初公開した。

同車は、従来の「S500e」(日本では「S550プラグインハイブリッドロング」)の後継グレード。Sクラスは、すでに改良新型モデルが発表されている。、PHVモデルも今回の改良新型発表を機に、PHVシステムの見直しが図られ、グレード名が変更された。

S500e(発表当時は「S500プラグインハイブリッド」)は2013年9月、フランクフルトモーターショー2013で初公開。PHVシステムは、新開発の3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンを基本にしたもの。これにモーターを組み合わせる。

改良新型となるS560eでは、3.0リットルV6ツインターボエンジンが、最大出力を333hpから367hpへ34hp向上。モーターの最大出力も115hpから122hpへ、7hp引き上げた。トランスミッションは7速から、9速の「9Gトロニックプラス」に進化。強化されたPHVシステムは、0~100km/h加速が5.0秒と、従来の5.2秒から0.2秒短縮。最高速250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを生み出す。

二次電池は、リチウムイオンバッテリーで、蓄電容量を13.5kWhに拡大。EVモードの航続は、33kmから50kmへ、1.5倍に引き上げた。その効果もあって、欧州複合モード燃費は47.6km/リットルと、従来の35.7km/リットルから1.3倍の燃費向上を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集