ユピテルのドラレコ8万5000台に火災のおそれ---無償交換へ

自動車 テクノロジー 安全

対象製品の確認方法
  • 対象製品の確認方法
ユピテルは9月4日、2012年10月から2013年8月に販売したドライブレコーダー「DRY-FH200」8万5000台について、火災事故のおそれがあるとして、無償交換を行うと発表した。

DRY-FH200による重大製品事故は4件の発生が報告されている。うち2件は内蔵のリチウムポリマー電池セルから出火したものと考えられ、原因については現在調査中。そのほかの2件については調査の結果、製品に起因する事故ではないと判断されている。また、いずれの事故も人的被害はない。

ユピテルでは9月4日よりWEBまたは電話による受付を開始。製品番号を確認の上、該当する製品をドライブレコーダー「DRY-ST1000c」に無償交換する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集