「PiTaPa」後払い、JR西日本「ICOCA」近畿エリアも対応へ 2018年秋

鉄道 企業動向
関西の私鉄などが主に導入しているICカード「PiTaPa」。2018年秋からJR西日本の近畿圏ICOCAエリアもポストペイで利用できるようになる。
  • 関西の私鉄などが主に導入しているICカード「PiTaPa」。2018年秋からJR西日本の近畿圏ICOCAエリアもポストペイで利用できるようになる。
  • 関西の主な私鉄ではポストペイでPiTaPaを利用できる。写真は阪神線線。
  • JR西日本のICOCA近畿圏エリアでも2018年秋からポストペイでPiTaPaを利用できるようになる。写真は東海道本線・山陽本線(JR神戸線)の三ノ宮駅。
JR西日本は8月31日、主に関西地区の公共交通事業者が導入しているICカード「PiTaPa」による後払い(ポストペイ)サービスを導入すると発表した。ICOCAの近畿エリアで2018年秋から始める。

JR西日本のICカード「ICOCA」は、先払い(プリペイド)方式を採用している。あらかじめカードにお金を入金(チャージ)しておき、列車やバスの利用時にはチャージ金額から利用金額を引き去る。SuicaやPASMOなど他の交通系ICカードもプリペイド方式が多い。

一方、PiTaPaはポストペイ方式を採用。鉄道やバスの運賃は利用時ではなく、カードに関連付けられた銀行口座やクレジットカードで後から決済される。

PiTaPaは交通系ICカードの全国相互利用サービスに対応しているが、PiTaPa以外のICカードエリアはポストペイに対応していないことが多い。このため、PiTaPaカードをPiTaPaのエリア外で利用する場合は事前にチャージしておく必要がある。JR西日本のICOCAエリアでPiTaPaカードを利用する場合も同じだ。

JR西日本とPiTaPaを管理するスルッとKANSAI協議会は2009年11月、「ICカード乗車券を活用した連携実現に向けた合意書」を締結。この合意の一環として、JR西日本はPiTaPaのポストペイに対応することにした。JR西日本とスルッとKANSAI協議会は「ポストペイならではの運賃割引サービス」も適用するとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 交通系ICカードで東海道・山陽新幹線に乗車OKに…新チケットレス、9月30日開始 画像 交通系ICカードで東海道・山陽新幹線に乗車OKに…新チケットレス、9月30日開始
  • JR東海のICカード「TOICA」2019年春にエリア拡大…愛知環状鉄道も導入へ 画像 JR東海のICカード「TOICA」2019年春にエリア拡大…愛知環状鉄道も導入へ
  • 和歌山~和歌山市間のICカード導入は7月15日…JR西日本「市駅」改札分離にあわせ 画像 和歌山~和歌山市間のICカード導入は7月15日…JR西日本「市駅」改札分離にあわせ
  • 関西のバス16社、「Suica」「PASMO」などが利用可能に 画像 関西のバス16社、「Suica」「PASMO」などが利用可能に

特集