【SUPER GT 第6戦】メルセデスAMG、設立50周年を祝ってブースを展開

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
メルセデスAMGブース
  • メルセデスAMGブース
  • AMG 300 SEL 6.8
  • Mercedes-AMG GT R
  • AMG 300 SEL 6.8
  • AMG 300 SEL 6.8
  • AMG 300 SEL 6.8
  • AMG 560 SEC 6.0
  • AMG 560 SEC 6.0
メルセデスベンツのハイパフォーマンスブランドの「メルセデスAMG」。1967年に会社が創立されてから50年が経過し、それを祝って、SUPER GT 第6戦開催中の鈴鹿サーキットGPスクエアに大きなブースを展開した。

1971年、ベルギーのスパ・フランコルシャンの24時間耐久レースに「AMG 300 SEL 6.8」を登場させ、クラス優勝と総合2位という結果を残してから、AMGが手がけた車は数多くあり、サスペンションやエンジンなどをチューニングしてレースや市販車などに展開してきた。

展示されたのは、1971年式「AMG 300 SEL 6.8」、1991年式『AMG 560 SEC 6.0』、2015年式『SLS AMG GT3』SUPER GTで戦った「0号車GOODSMILE RACING & TeamUKYO」などの過去の名車とメルセデスAMG『A 4.5 4MATIC』、メルセデスAMG『GT R』という現代のハイパフォーマンスカーが一堂に会した。

ブース担当者は「日本でメルセデスAMGがレースで戦えるのはSUPER GTだけですし、その中でも輝かしい歴史や優秀な成績を残してきました、また今年は数多くの車両を発表してまいりました。それらを含めて、AMGブランドの展開を示すのに丁度良いタイミングだったこともあります」と今回の展示について語った。
《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース

  • 【SUPER GT 第6戦】世界チャンピオンからレジェンドまで揃った鈴鹿1000km前夜祭 画像 【SUPER GT 第6戦】世界チャンピオンからレジェンドまで揃った鈴鹿1000km前夜祭
  • 【SUPER GT 第6戦】近藤真彦監督陣営のGT-R、佐々木大樹&オリベイラがポール獲得…注目のバトンは予選9位 画像 【SUPER GT 第6戦】近藤真彦監督陣営のGT-R、佐々木大樹&オリベイラがポール獲得…注目のバトンは予選9位
  • メルセデスAMG GT、オープンモデルを日本導入…1834万円より 画像 メルセデスAMG GT、オープンモデルを日本導入…1834万円より
  • 【フランクフルトモーターショー2017】メルセデスAMG プロジェクト・ワン、デビューが決定 画像 【フランクフルトモーターショー2017】メルセデスAMG プロジェクト・ワン、デビューが決定

特集