走る美術館「現美新幹線」大宮発ツアーで新潟県外を初走行 10月8日

鉄道 企業動向

10月に「現美新幹線」が新潟県外を初めて走行する。
  • 10月に「現美新幹線」が新潟県外を初めて走行する。
JR東日本は10月8日、上越新幹線の大宮(さいたま市大宮区)~新潟(新潟市中央区)間でE3系700番台電車「現美新幹線」を運行する。「現美新幹線」が新潟県外を走るのは、これが初めて。

「現美新幹線」は、車内に現代アート作品を展示した6両編成の電車。秋田新幹線『こまち』で使われていたE3系を改造し、2016年4月から新潟県内の越後湯沢~新潟間で運行されている。

10月8日は大宮9時38分発~越後湯沢10時30分着~浦佐10時43分着~長岡10時58分着~燕三条11時09分着~新潟11時24分着の時刻で運行される予定。通常の切符では乗車できず、旅行商品を購入する必要がある。

旅行代金(大人・片道)は大宮~長岡間が6300円、大宮~燕三条間が6500円、大宮~新潟間が7400円。発売開始は8月2日14時からの予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集