JR東海のICカード「TOICA」2019年春にエリア拡大…愛知環状鉄道も導入へ

鉄道 企業動向

東海道本線関ヶ原~醒ヶ井間(1)と御殿場線下曽我~御殿場間(2)、関西本線四日市~亀山間(3)がTOICAの利用可能エリアに加わるほか、愛知環状鉄道(※)もTOICAを導入する。
  • 東海道本線関ヶ原~醒ヶ井間(1)と御殿場線下曽我~御殿場間(2)、関西本線四日市~亀山間(3)がTOICAの利用可能エリアに加わるほか、愛知環状鉄道(※)もTOICAを導入する。
  • 愛知環状鉄道線を走る普通列車。2019年春からTOICAを利用できるようになる。
JR東海は7月25日、同社が展開しているICカード「TOICA」の利用可能エリアを2019年春に拡大すると発表した。愛知県の第三セクター・愛知環状鉄道もTOICAを導入する。

エリアの拡大によってTOICAを新たに利用できるようになるJR東海の駅は、東海道本線柏原~醒ヶ井間各駅、御殿場線下曽我~足柄間各駅、関西本線南四日市~亀山間各駅の計18駅。岡崎~高蔵寺間を結ぶ愛知環状鉄道線の全23駅もTOICAの利用に対応する。TOICAのほかSuicaやICOCAなど、全国相互利用サービスに対応した交通系ICカードも利用できる。

このほか、主要駅に設置している指定席券売機でもTOICA定期券を購入できるようにする予定だ。

東海道本線の醒ヶ井駅は、JR西日本のICカード「ICOCA」を利用できる米原駅の一つ隣の駅だが、醒ヶ井~米原間は「TOICA」と「ICOCA」のエリア境界になるため、両エリアにまたがってICカードで乗車することはできない。御殿場線の国府津(JR東日本Suicaエリア)~下曽我(TOICA拡大エリア)間も、同様にICカードでは利用できない。JR東海は「エリア内とエリア外にまたがってご乗車の際は、あらかじめ全乗車区間のきっぷをお買い求めください」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集