イケア、カーシェアリングサービスを全店に導入

自動車 ビジネス 国内マーケット

イケア・ジャパンは6月27日、「IKEA熊本Touchpoint」を除く、イケアストア全店舗にて、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を導入すると発表した。

イケアストアでは、6月1日より1か月間を「サステナブル月間」と位置づけ、財布にも地球にもやさしい暮らしのヒントを提案している。今回のカーシェアリングサービス全店導入は、サステナブル月間を記念した施策の1つだ。

カーシェアリングサービスは、2015年に「IKEA港北」を皮切りに、「新三郷」「Tokyo-Bay」「立川」「福岡新宮」に導入。大型家具を購入時でもワゴン車で商品を持ち帰ることができると、好評を得ている。今回、「仙台」「鶴浜」「神戸」への導入が完了、また全イケアストアに無人入会機も設置。すべてのイケアストアで、カーシェアリングサービスが利用できるようになった。

またタイムズ24では、カーシェアリングサービス全店導入を記念し、タイムズカープラスでイケアストアに来店した人に、フライドポテトをプレゼントする「カーシェアでイケアに行こうキャンペーン」を8月31日まで実施する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集