仙台駅で『はつかり』『ひばり』往年のヘッドマーク展示…J-TRECが製作

JR仙台駅(仙台市青葉区)の在来線乗り場と新幹線乗り場を結ぶ乗換通路でこのほど、かつて東北地方の国鉄在来線で運行されていた特急・急行列車のヘッドマークの展示が始まった。仙台駅が今年で開業130周年(12月15日)を迎えるのに合わせて企画された。

鉄道 エンタメ・イベント
仙台駅で展示されているヘッドマークのレプリカ。J-TRECが製作した。
  • 仙台駅で展示されているヘッドマークのレプリカ。J-TRECが製作した。
  • 東北新幹線開業前に上の~仙台間で運行されていた特急『ひばり』(1982年頃)。
  • 上野駅で発車を待つ特急『ひたち』(左、1982年頃)。
  • 上野~青森間(常磐線経由)で運行されていた寝台特急『ゆうづる』(1989年8月30日)。
JR仙台駅(仙台市青葉区)の在来線乗り場と新幹線乗り場を結ぶ乗換通路でこのほど、かつて東北地方の国鉄在来線で運行されていた特急・急行列車のヘッドマークの展示が始まった。仙台駅が今年で開業130周年(12月15日)を迎えるのに合わせて企画された。

展示されているヘッドマークは11個で、機関車に取り付けられていた『はつかり』『ゆうづる』『はくつる』と、ボンネット型の特急電車・気動車に取り付けられていた『はつかり』『ひばり』『ひたち』、イラスト幕タイプの『ひばり』『やまびこ』『ゆうづる』、急行形電車に取り付けられていた『まつしま』『みやぎの』。いずれも1950年代から東北新幹線の開業前まで運行されていた列車だ。

JR東日本グループの車両メーカーである総合車両製作所(J-TREC)がレプリカを製作し、6月19日から展示されている。J-TRECは「JR仙台駅をご利用の際は乗換通路のヘッドマークの展示をご覧いただき、当時のヘッドマークを取り付けて走行していた列車の思い出をお楽しみください」と呼びかけている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集