【リコール】NV200バネットキャンピング、ウインカー取付位置が保安基準不適合

自動車 テクノロジー 安全

NV200バネットキャンピング
  • NV200バネットキャンピング
  • 改善箇所
エートゥゼットは6月23日、『NV200バネットキャンピング』のウインカー取り付け位置が不適切だったとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2012年10月23日~2016年10月27日に製造された118台。

フロントウインカーの取り付け位置が不適切なため、方向指示器の照明部の最外縁が自動車の最外側から400mm以内となるよう取り付けるとした、道路運送車両の保安基準第41条の基準に適合しないことが判明した。

改善措置として、全車両、フロントバンパーを加工し、ウインカーの取り付け位置を変更する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。自動車技術総合機構からの指摘により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集