米トヨタ、IBMのインタラクティブ広告を導入…自動車業界初

IBMは6月15日、音声や文字で質問できるインタラクティブ広告サービス、「ワトソンAds」を、自動車業界で初めて、トヨタが導入したと発表した。

自動車 テクノロジー ネット
音声や文字で質問できるIBMのインタラクティブ広告サービス、「ワトソンAds」を導入した米国向けトヨタプリウスPHV
  • 音声や文字で質問できるIBMのインタラクティブ広告サービス、「ワトソンAds」を導入した米国向けトヨタプリウスPHV
IBMは6月15日、音声や文字で質問できるインタラクティブ広告サービス、「ワトソンAds」を、自動車業界で初めて、トヨタが導入したと発表した。

ワトソンAdsは、IBMの子会社のウェザーカンパニーが開発したインタラクティブ広告サービス。IBMの言語認知技術、「ワトソン」を採用している。

ユーザーは、スマートフォンなどに表示されたワトソンAdsに対して、音声や文字を用いて、商品やサービスに関して質問。ワトソンAdsは、質問の回答を音声で行う。

トヨタは米国市場向けの『プリウス プライム』(日本名:『プリウスPHV』)のインターネット広告に、ワトソンAdsを導入。AI(人工知能)を活用して、プリウスPHVに関するユーザーの質問に対応し、購入の検討段階において意思決定につなげていく。

ウェザーカンパニーのSarah Ripmaster自動車営業部門代表は、「トヨタは内部プロセスとデータ管理のための体系化されたシステムを持っている。ワトソンの広告の革新性を認識して、活用することができた」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集