列車内で懐かしの鉄道部品を販売…JR東日本が『上越線てつしょっぷ』を運行 7月16日

鉄道 エンタメ・イベント

『上越線てつしょっぷ』に使われる「NO.DO.KA」。2号車に物販スペースが設置される。
  • 『上越線てつしょっぷ』に使われる「NO.DO.KA」。2号車に物販スペースが設置される。
  • 出品物の一部。左から乗車口案内板、乗務員用懐中時計、115系側引戸銘板。
JR東日本新潟支社は7月16日、旅行商品専用列車『上越線てつしょっぷ』を運行する。

新潟支社のジョイフルトレイン「NO.DO.KA」の車内で、国鉄時代のものを中心とした鉄道部品を特別販売する列車で、運行区間は新潟~水上間。全車指定席。

販売は2号車の物販スペースで行なわれ、乗車口案内板や乗務員用懐中時計、115系側引戸銘板などが出品される。

時刻は新潟8時03分発~水上10時54分着、水上14時20分発~新潟17時47分着。

なお、1人あたりの購入点数や購入時間に制限があり、新潟駅発車後に車内で購入順序の抽選が行なわれる。

また、この列車の運行にあわせて、旅行商品の「上越線てつしょっぷ」日帰りパックが発売される。新潟発着で、旅行代金は大人8000円・子供4700円。電話予約は6月15日14時から、びゅう予約センター新潟で受け付ける。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集