今回で10回目! フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」開催

自動車 ニューモデル 新型車

フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」
  • フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」
  • フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」
  • フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」
  • フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」
  • フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」
  • 左ハンドルのクルマも多いので、エントランスにはイベントのスタッフが経ち、入場のサポートをする。今回で10回目!フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」開催
  • フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」
  • フィアットパンダオーナーズミーティング「パンダリーノ2017」
2008年に始まったフィアット『パンダ』オーナーとパンダを愛する人たちのための集い「パンダリーノ」が、今年も28日、静岡県浜名湖の渚園で開催された。今回で10回目の節目を迎え、過去最大の331台という規模での開催となった。

初夏の浜名湖畔、天候にも恵まれ、絶好のイベント日和となった今回のパンダリーノ。今回は節目の開催ということで、今まで1台のパンダで毎年欠かさず参加してきたオーナーとクルマ4名のパーフェクトエントリー表彰や、主催者の念願だったという青空の下での生ライブも開催され、ミュージックゲスト「サンタラ」の二人が奏でるギターとヴォーカルのアコースティックな響きに参加者達は耳を傾けていた。

そして今回、10回目の記念すべき開催となったパンダリーノに、初代パンダのデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ氏からのビデオレターが届けられた。1台の最新型パンダが後進でステージに登場。リアゲートが開き、そこに積まれたモニターでジウジアーロ氏のコメントが会場で紹介された。

「今でも多くの人から興味や関心を得ていることをうれしく思います。私にとって特別かつ意義のある作品と言えるクルマに注目し愛し続けてくださる皆さんに心からお礼を申し上げます。」とジウジアーロ氏。このメッセージを参加者は食い入るように見入っていた。

このメッセージのとりまとめも行い、イベントをサポートするFCAジャパンの馬場まさみし氏は「正直最初は難しいのではと思ったものの、快くメッセージを頂けたことは私たちとしてもうれしいこと。規模もそうですが、皆からパンダが愛され、パンダと過ごすパンダリーノ私たちにとっても特別なイベントです。パンダの真の姿、スタイルがあるのかもしれませんね」と話していた。

もちろん毎年恒例の、サンルーフを解放したパンダに参加者でカラーボールを入れる「パンダDE玉入れ」や、集まったパンダに囲まれパンダを囲み、パンダの上から撮影する記念撮影など、シンプルながら、パンダの特徴あってこそのコンテンツも実施。

協賛企業CARBOXで現在納車準備中の初代パンダの最終型を購入した人がパンダリーノを訪れるというので、納車セレモニーも行われた。「社会人になって最初に買うクルマはパンダと決めていました。」と話す新オーナーは23歳の若者。乗り続ける人もいれば新たにオーナーに加わる人もいる。パンダのエバーグリーンな魅力を感じさせる一幕だった。この後登録なども済ませ改めて正式納車されるという。

岩手県から来た参加者の一人は、「明日も半休取って参加しました。800kmですが圏央道が開通したのでだいぶ楽ですね」と話していた。イベント自体もファンが多くリピーターは多いが、ここへ愛車と出かけることも勿論多くの参加者にとっての重要なアトラクションになっているようだ。親しみの沸く外観や存在、使い勝手のいい作り、そして走って楽しいというパンダの魅力を改めて家族みんなで徹底的に堪能できるイベントそれが「パンダリーノ」といえるのかもしれない。

また、前出のFCAジャパンの馬場氏、会場で出店するショップ関係者、さらに、このイベントを取材で訪れているプレス関係者からも「仕事だがこのイベントは楽しい!」と聞かれるパンダリーノ。この魅力は回を追うごとに益々広まっておりファンは拡大でしているようだ。

主催者は「ここまで大きくなるというのはうれしい反面ボランティアでやってきた私たちとしてはそろそろキャパを超えて来たのかも。次回以降はちょっと場所や規模、運営方法を変えなければならないかも」と話す。

今後の動きからも目が離せない。のんびりと、しかしパンダとともに充実した1日を参加者たちはみな過ごしていた。パンダリーノ2017は今年も盛会だった。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集