BMWグループ 東京ベイ、アンディ・ウォーホル アートカーなど展示 5月31日まで

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

アンディ・ウォーホル アートカー
  • アンディ・ウォーホル アートカー
  • アンディ・ウォーホル アートカー
  • アンディ・ウォーホル アートカー
  • アンディ・ウォーホル アートカー
  • アンディ・ウォーホル アートカー
  • 昭和女子大学の学生がラッピングデザインしたバイク(モーターサイクルショー2017)
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、アートの祭典「アート & デザイン ウィーク」を5月19日から31日まで、ブランド体験型販売拠点「BMWグループ 東京ベイ」にて開催する。

BMWは、多彩なアーティストや写真コレクションを通して、京都から世界にメッセージを発信する「京都国際写真祭」に昨年より協賛。今年からはメインスポンサーとして携わり、同写真祭が4月に開催された。今回、場所をBMWグループ 東京ベイに移し、京都国際写真祭の一部ポートレートを展示すると同時に、アートやデザインの楽しさに触れる体験型イベントなども実施する。

アート & デザイン ウィークの見どころは、アンディ・ウォーホル氏による世界に1台の「BMWアートカー(BMW M1)」および、2台のミニチュア・アートカー「オリジナル アレクサンダー・カルダー」「フランク・ステラ オリジナル mini」の特別展示。また、芸術家マウリツィオ・カテラン氏と写真家ピエールパオロ・フェラーリ氏による共同作品のレプリカ「BMW i3 スパゲッティカー エキシビション」もショールーム内に展示する。さらに会場では、「BMWアンディ・ウォーホルアートカー」が出場した当時のレース映像やアートカー制作の動画などを放映。くわえて、70年以上に渡り20世紀の著名人を撮り続けたポートレート写真の巨匠アーノルド・ニューマン氏の作品も同時展示する。

会場で同時開催される体験型イベント「アーティスティック フォト ワークショップ」では、内田ユキオ氏による「どなたでも気軽にアート体験ができるパーフェクトポートレート講座」(5月20日・21日)、山崎エリナ氏による「60分で奇跡の1枚、スマホでSNS映えする撮影レッスン」(5月27日・28日)を実施。各回とも定員20名、参加料は無料で事前に専用ウェブサイトにて参加登録を受付中。

イベントではさらに、建築集団「オンデザイン」が提案する多彩なライフスタイルを紹介するMINI「クリエイト ユア オウン」展を開催するとともに、BMWモトラッドと昭和女子大学の産学連携プロジェクトで制作した「C650スポーツ ラッピングバイク」2台を展示。食べられる芸術「アート スイーツ」として「パレタス」のフローズンアイスバーを販売するなど、様々な企画を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集