将来のFCV普及---液化水素製造能力を1.5倍へ、岩谷産業などの合弁

自動車 ビジネス 企業動向

燃料電池自動車の例:トヨタMIRAI
  • 燃料電池自動車の例:トヨタMIRAI
  • 燃料電池自動車の例:トヨタの大型商用トラック
岩谷産業などの液化水素生産合弁会社ハイドロエッジは、今後の水素需要の増加を見込んで、液化水素製造能力を現行の1.5倍に増強すると発表した。増設ラインからの液化水素供給は2019年7月の予定。

ハイドロエッジは、岩谷産業関西電力、堺LNG3社の合弁会社で、国内初の商業用液化水素製造拠点として2006年4月から営業運転を開始し、近畿地方を中心に液化水素を供給してきた。

液化水素の需要は、種子島宇宙センターから打ち上げられるロケット用燃料や半導体、化学など産業用分野で年々増加していることに加え、燃料電池自動車(FCV)や燃料電池バス向けにも需要が見込まれると判断、3社は液化水素の生産体制を強化することで合意した。

現在の水素液化器生産能力3000リットル/h×2系統に3000リットル/h×1系統を増設し、9000リットル/hに増強する。

液化水素製造ラインは今回の設備増強により、山口リキッドハイドロジェンの2017年11月運転開始の1系統を含む2系統、岩谷瓦斯の千葉工場のプラント1系統と併せて合計で6系統、1万8000 L/hに拡大される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集