【MotoGP 第15戦日本】迫力満点のビクトリースタンド、5月29日より前売先行発売

モーターサイクル エンタメ・イベント

2016年MotoGP日本GPスタートシーン
  • 2016年MotoGP日本GPスタートシーン
10月13日から15日までの3日間、ツインリンクもてぎで開催される「MotoGP 第15戦 日本グランプリ」。最高峰の迫力を間近で感じられる「ビクトリースタンド」席の先行販売が5月29日より始まる。

ビクトリースタンドは、ロードコースの最終コーナーから1コーナーまで、迫力の走りとサウンドを感じることができる観客席として2014年に登場。V1からV6まで6ブロックが用意されている。

また、ビクトリースタンド近くには、世界グランプリ品質の食と癒しをはじめとした様々なサービスを提供する「ホスピタリティガーデン」を今年も展開。大会期間中は、観戦券があれば誰でも入場できる。また、インフォメーションブース内のキッズスペースには、子どもを遊ばせながら観戦できるモニターも設置。そのほかパウダールームや、初心者向けビギナーセミナーなど、ファミリーや女性、初心者にも嬉しいサービスを展開する。

ビクトリースタンドの前売りチケットは、5月29日12時30分よりローチケHMV、ローソン、ミニストップで発売開始。価格(3日間通し・パスポート3日分付)は大人1万9000円から2万1000円、子ども(3歳から中学生)は3800円(パスポート無しは2500円)。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集