トヨタやホンダなど25社、米当局が調査へ…モーターが特許侵害の可能性

自動車 ビジネス 企業動向
電動パワーステアリングの構成
  • 電動パワーステアリングの構成
米国の国際貿易委員会(ITC)は4月28日、トヨタやホンダなど25社が採用している電動モーターが、米国企業の特許を侵害している可能性があるとして、調査を開始すると発表した。

この調査は、米国ワシントン州に本拠を置くIntellectual Ventures社の申し立てを受けて、国際貿易委員会が行うもの。同社は3月21日、国際貿易委員会に対して、「25社が自社の特許を侵害している」と申し立てていた。

なお25社には、トヨタ、ホンダ、BMW、アイシン精機、デンソーなどが含まれている。

国際貿易委員会によると、この電動モーターは、パワーステアリングユニットのポンプなどに使用されているという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 自動車メーカー特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、日産、ホンダ 画像 自動車メーカー特許資産規模ランキング、トップ3はトヨタ、日産、ホンダ
  • マイクロソフト、トヨタと特許ライセンス契約を締結…コネクトカー技術 画像 マイクロソフト、トヨタと特許ライセンス契約を締結…コネクトカー技術
  • トヨタ紡織と三井化学、高耐衝撃プラスチックの特許実施許諾契約を締結 画像 トヨタ紡織と三井化学、高耐衝撃プラスチックの特許実施許諾契約を締結
  • リチウムイオン二次電池酸化物系負極についての特許、米国での総合力トップは東芝 画像 リチウムイオン二次電池酸化物系負極についての特許、米国での総合力トップは東芝

特集