メルセデス、GoogleとAmazonのAI音声アシスタントに対応

自動車 テクノロジー ネット
Google Homeとメルセデスベンツのアプリケーション
  • Google Homeとメルセデスベンツのアプリケーション
ドイツのメルセデスベンツは4月21日、2016および2017年モデル全車が、グーグル(Google)とアマゾン(Amazon)のAI(人工知能)音声アシスタントに対応した、と発表した。

対応が図られたのは、「Google Home」と「Amazon Alexa」。顧客は、メルセデスベンツ車を介して接続されたIOTデバイス間のシームレスかつインテリジェントな相互作用から、さらなる恩恵を受けることが可能になる。

たとえば、Google端末を利用する顧客は、「Ok、Google、メルセデスに私の車の始動させるよう伝えて」と簡単に言うことができ、遠隔で車を始動できる。もう一つの利用可能な機能には、リモートロックが含まれる。

Alexaデバイスでは、顧客はリモートナビゲーション入力と興味のある要求に対して、「Alexa、メルセデスにアドレスを送信するよう頼んで」などと、言うことができる。

このサービスは、まずは米国でスタート。2017年内には、欧州に拡大する予定。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 自動運転の実現へ、クリアすべき課題は「音声認識」 画像 自動運転の実現へ、クリアすべき課題は「音声認識」
  • 自動車の音声操作はどこまでできるようになった?…BMW 740e を試す 画像 自動車の音声操作はどこまでできるようになった?…BMW 740e を試す
  • Googleマップ vs Siri vs ナビタイム、音声認識だけでどこまでいけるか? 画像 Googleマップ vs Siri vs ナビタイム、音声認識だけでどこまでいけるか?
  • 【CES 2017】 音声対話アシスタント Alexa の存在感 画像 【CES 2017】 音声対話アシスタント Alexa の存在感

特集

おすすめのニュース