【アストンマーティン ヴァンキッシュS 新型】究極のスーパーGTがこれだ[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

アストンマーティン ヴァンキッシュS
  • アストンマーティン ヴァンキッシュS
  • アストンマーティン ヴァンキッシュS
  • アストンマーティン ヴァンキッシュS
  • アストンマーティン ヴァンキッシュS
  • アストンマーティン ヴァンキッシュS
  • アストンマーティン ヴァンキッシュS
  • アストンマーティン ヴァンキッシュS
  • アストンマーティン ヴァンキッシュS
英国高級スポーツカーブランドのアストンマーティンは、「究極のスーパーGT」を謳う新型『ヴァンキッシュS』の日本での販売を開始した。ロードカーラインアップの最上級に位置する『ヴァンキッシュ』からさらに全面強化、「これまで以上にスリリングなドライビング体験を提供する」という。

ヴァンキッシュSに搭載されるアストンマーティン自慢の6.0リットルV12エンジンは、スロットルレスポンスを改善、最高出力は588psを発揮する。キャリブレーションチューニングがおこなわれた8速オートマチックトランスミッション「タッチトロニックIII」によるダイレクトかつ俊敏な変速と組み合わせ、0-100km/h加速を3.5秒で駆け抜ける。最高速度は323km/hだ。

ダンパー、スプリングレート、アンチロールバーなどあらゆる部位に手を加えることでシャシー性能を大幅向上。最上級GTならではのしなやかな走りを犠牲にすることなく、ダイナミックな走りを実現するという。足元を引き締めるグロスブラックの10スポークホイールが、その走りを予感させる。

ヴァンキッシュSのボディはフルカーボン製。さらに「S」ならではの迫力あるエアロパーツもすべてカーボンで武装する。アクセントカラーが印象的なフロントマスクは、「2×2ツイル」と呼ばれるスプリッターの採用により空力性能を向上、高速安定性を高める。4本出しのエギゾーストパイプを備えるリアディフューザー、改良型インテークマニホールドの採用も徹底した空力性能の追求から生まれたものだ。

インテリアは「フィオグラフ・キルトデザイン」と呼ばれる手法を採用。ハンドメイドならではの上質さと、スポーティさを高次元で両立している。機能面ではサテライト・ナビゲーション付き「AMi III インフォテインメント・システム」を搭載するほか、iPhoneとの連携を可能とするApple CarPlayにも対応した。

ヴァンキッシュSは、他ラインアップと同様にクーペとオープンカーの「ヴォランテ」を用意。それぞれ7種類のデザインスペックを用意するほか、「Q by アストンマーティン」によるビスポーク(カスタム)プログラムにも対応。世界に1台のヴァンキッシュSを仕上げることも可能だ。価格は3457万9982円から。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集