アストンマーティン初のSUV、DBX は「4枚ドアで、コンセプトモデルと異なるデザイン」…CEOが明言

自動車 ニューモデル 新型車
アストンマーティン DBX 市販モデルのデザインスケッチ。コンセプトとは異なる長く伸びるルーフが確認できる。
  • アストンマーティン DBX 市販モデルのデザインスケッチ。コンセプトとは異なる長く伸びるルーフが確認できる。
  • アストンマーティン アンディ・パーマーCEO(24日)
  • DBXが生産されるアストンマーティンのSt.Athan新工場
  • DBXが生産されるアストンマーティンのSt.Athan新工場
  • アストンマーティン アンディ・パーマーCEO
  • アストンマーティン アンディ・パーマーCEOと 24日に発表されたヴァンキッシュS
  • アストンマーティン DBXコンセプト(ジュネーブモーターショー15)
  • アストンマーティン DBX コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
2019年に生産を開始することが発表されている、アストンマーティン初のSUVモデル『DBX』は、これまで公開されてきたコンセプトモデルとは異なるデザインを採用した4枚ドアのSUVとなることがわかった。24日、新型車発表会のため訪日したアンディ・パーマーCEOが明かした。

アストンマーティンは新たに掲げる「セカンド・センチュリー・プロダクト・プラン」の中で、『DB11』を皮切りに毎年1台の新型車を発表、7年ごとのライフサイクルを構築していくとしている。製品群は大きく3つの柱に分けられ、うち新たな顧客層に向け提案するのが「X-Over GTs」、つまりDBXを筆頭とするクロスオーバーSUVだ。

DBXのコンセプトモデルは、2015年のジュネーブモーターショーで発表された。アストンマーティンらしい流麗なクーペデザインをベースに、SUVらしい車高、力強さを表現。アストンマーティン初の4WDモデルであること、そして同じく初のEVパワートレーンを採用すると発表され注目となった。

この4月に、2019年より英国の新工場でDBXを生産することが発表されたが、DBXそのものの詳細は明かされておらず、デザインスケッチが公開されたのみであった。しかし24日、パーマーCEOはDBXの市販モデルについて、「コンセプトとはかなり異なったデザインで、4ドアを採用する」としながら、「他のアストンマーティン車と同様、非常に美しいクルマになる」と説明した。

またパワートレーンの詳細についてはここでも明かされることはなかったが、「スタイリッシュ、ラグジュアリーで、環境に優しいクルマになる」と語ったことから、EVパワートレインでの市販化も視野に入れていることがうかがえた。

DBXの登場はまだしばらく先だが、セカンド・センチュリー・プロダクト・プランの通りならば、来年にはまた新たなモデルが登場することになる。「ここまで大規模な革新はブランド始まって以来」とパーマーCEOは語る。2013年に100周年を迎えたアストンマーティン。次の100年への快進撃は始まっている。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース