新型 シビック タイプR、ニュルFF最速ラップタイムを更新

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・シビックタイプR新型
  • ホンダ・シビックタイプR新型
  • ホンダ・シビックタイプR新型
  • ホンダ・シビックタイプR新型
  • ホンダ・シビックタイプR新型
  • ホンダ・シビックタイプR新型
  • ホンダ・シビックタイプR新型
  • ホンダ・シビックタイプR新型
  • ホンダ・シビックタイプR新型

ホンダは、今夏発売予定の新型『シビック タイプR』がニュルブルクリンク北コースで7分43秒80のラップタイムを記録。FFモデル最速ラップを更新したと発表した。

今回の走行テストは最終開発車両で行われ、先代シビック タイプRが記録したタイムを7秒近く更新。モデルチェンジによる運動性能の向上を証明してみせた。新型シビック タイプRは、2.0リットルVTECターボエンジンを最高出力320ps、最大トルク400Nmにパワーアップするとともに、6速MTのローレシオ化によって加速性能を向上。加えて、新プラットフォーム採用によるねじり剛性の向上(+38%)やボディの軽量化(-16kg)、マルチリンク式リアサスペンションの採用などにより運動性能を大幅に高めている。

また、サーキットでの走行性能だけではなく、一般公道でのグランドツアラー性能も大幅に進化。新たに設定したコンフォートモードを含む、3つのドライビングモードによって、市街地からサーキットまで、より幅広い走行シーンにマッチしたダイナミック性能を提供する。

新型シビック タイプRの生産は、ホンダ オブ ザ ユー・ケー・マニュファクチュアリングで行われ、2017年夏より欧州と日本・北米を含む世界各国で販売される予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集