【バンコクモーターショー2017】愛嬌の良さ抜群、サービス精神も旺盛

自動車 ニューモデル モーターショー
バンコクモーターショー2017
  • バンコクモーターショー2017
  • バンコクモーターショー2017
  • バンコクモーターショー2017
  • バンコクモーターショー2017
  • バンコクモーターショー2017
  • バンコクモーターショー2017
  • バンコクモーターショー2017
  • バンコクモーターショー2017
現地ではプリティと呼ばれる、モーターショーを彩る女性の数が異様に多いバンコクモーターショー。しかし、日本のモーターショーなどのコンパニオンと比べて異なるのは数だけではない。サービス精神が旺盛なのだ。

たとえばカメラを向けて何度もシャッターを押すと、モデル撮影のようにどんどんポーズや表情を変えて写真のバリエーションを増やしてくれる。また写真を撮り終わった後に笑顔を見せてくれるプリティや挨拶の「ワイ」をしてくれるプリティも少なくないのだ。

「美しい見た目の女性は多い。だから好条件の仕事を得て売れっ子になっていくのには性格やキャラクターが重要になってくる」のだとか。またメジャーな自動車メーカーのブースに採用されるには英語が話せることも欠かせない条件だという。タイ語が話せない記者はかつて、英語の話せるプリティに、タイ語しか話せない出展者車両スタッフとの間で通訳をしてもらったこともある。
《工藤貴宏》

編集部おすすめのニュース

特集