事故防止にビッグデータ活用…損保ジャパン日本興亜×東京大学の共同研究がナビアプリに

損保ジャパン日本興亜は、個人向けスマートフォン用カーナビアプリ「ポータブルスマイリングロード」にて、楽しみながら安全運転に取り組むことができる新機能を3月から追加する。

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
事故多発地点アラート
  • 事故多発地点アラート
  • アプリイメージ
  • おでかけプラン
  • プレゼント応募

損保ジャパン日本興亜は、個人向けスマートフォン用カーナビアプリ「ポータブルスマイリングロード」に、東京大学との共同研究で開発した、ビッグデータを活用した新機能などを3月から追加する。

新機能は、東京大学と損保ジャパン日本興亜が共同研究した「事故が発生する可能性のあるヒヤリハット地点データ(約1000か所)」で、ポータブルスマイリングロードの「事故多発地点アラート」に追加する。共同研究では、スマイリングロードの自動車走行データと、損保ジャパン日本興亜が保有する500万件以上の事故地点データを元に、交差点で行われる大量の運転操作データと事故発生データを組み合わせて分析。「急加速」「急減速」「急な右左折」など、交通事故につながる可能性が高い運転操作を推定し、各交差点の事故リスクの性質に応じた注意喚起を行う。

また、より楽しく安全運転に取り組めるよう、「マイルでプレゼント応募」を新機能として追加。運転診断結果に応じて、安全運転すればするほどポイント(マイル)が貯まり、貯めたマイルは抽選でもらえるプレゼントの応募に使用できる。そのほか、ドライバーの属性をふまえたおでかけ情報の提供や、車検期日が近づくとアプリで知らせる新機能を追加する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集