トヨタとシェル、米カリフォルニア州での水素ステーション網拡充で協力

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車本社(参考画像)
  • トヨタ自動車本社(参考画像)
トヨタ自動車とシェルは、燃料電池自動車(FCV)普及に向け、米国カリフォルニア州における水素ステーション網の拡充で協力すると発表した。

2月17日(現地時間)、カリフォルニアエネルギー委員会が補助金交付先提案書(NOPA)を公表。シェルは既存ガソリンスタンド7か所への水素充填設備導入を進めていくが、合計1636万2500米ドル(約18億5000万円)の補助金が、正式承認に向け提案された。今回のNOPAは、低炭素燃料・技術のさらなる普及に向けた取り組みにおける、重要な一歩であり、トヨタは今回の協力において、当該水素充填設備の運営に対し資金面での支援を行う。

トヨタはかねてより協業を通じ、米国における水素ステーション網拡充に向けた取り組みを支援している。カリフォルニア州では2014年に、ファーストエレメント・フューエル社との間で、同社による19基のステーション運営を資金的に支援することで合意。また2016年には、エア・リキード社との間で、ニューヨーク、ニュージャージー、マサチューセッツ、コネチカット、ロードアイランドの5州における計12基のステーション運営で協力していくことを合意・公表した。

またシェルは、輸送用機器の燃料としての水素利用促進に向け、様々な取り組みに参画している。ドイツでは、全国規模での水素ステーション拡充に向け、産官連携ジョイントベンチャー「H2 Mobility Germany」で政府・業界との協力を推進。またカリフォルニア州ロサンゼルスでは、2基の水素ステーションを運営している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース