日本航空グループ、超小型モビリティ「COMS」を導入…航空業界で初めて

航空 企業動向

日本航空グループの航空機の点検などを行う「JALエンジニアリング」(赤坂祐二社長)は17日、トヨタ車体製の1人乗り超小型モビリティの導入を発表した。

同社整備士の空港内での移動・連絡用に3台の『COMS』(コムス)を役立てる。電動の超小型モビリティの導入は航空業界で初めてのことだ。

羽田空港は敷地面積約1522ヘクタール、国内で最も広い。整備士は空港施設内の駐機場所への移動を車両で行っているが、同社は80台の乗用車を使っている。主に駐車場所の省スペース化を狙う。

COMSの採用は、先の目的にあった車両を探していたところ、東京モーターショーでの出展でコムスの存在を知りマッチしたことがきっかけだと、日本航空の広報担当者は話す。

「駐車スペースは限られている。小型で機動性もあるので、今後の運用実績を見て配備を拡大していくかどうかは検討する」(同上)という。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集