【キャンピングカーショー2017】フィアット、商用車デュカトを国内初披露…新たな販売ネットワーク構築へ

自動車 ビジネス 企業動向
フィアットが展示した『デュカト』
  • フィアットが展示した『デュカト』
  • 『デュカト』の車内
  • 『デュカト』の車内
  • 『デュカト』の車内
  • 『デュカト』の車内
フィアット(FCAジャパン)は「ジャパンキャンピングカーショー2017」に商用車『デュカト』を国内で初披露した。その裏には同社のある狙いがあった。

同社は現在、日本でアルファロメオ店79、フィアット店85、ジープ店76、アバルト店82の販売拠点を持っている。2016年の販売台数は約2万台で、2019年には3万台に増やす計画を立てている。同時に中長期成長戦略の柱の1つとして、新規分野への参入を目指している。その目玉がこのデュカトで、それをベースにしたキャンピングカーを日本でも販売していこうというわけだ。

デュカトは1981年の登場以来、全世界で500万台以上を生産し、欧州キャンピングカー市場で70%以上ものシェアを占めている人気モデル。その特徴はなんと言ってもキャビンの広さだ。

今回披露したのはLタイプで、キャビンの全長が3705mm、全幅が1870mm、全高が1932mmと、国内の商用車バンと比べても格段に広い。エンジンは2.3リットルのディーゼルターボでFF、180馬力だ。燃費は15.1km/L。安全装備も充実していて、ESC、車線逸脱警報、トラクションプラス、ヒルディセントといったものがついており、運転席にはiPadがそのままつけられるホルダーも標準装備されている。

「現在、新たな販売ネットワークをつくるため、ビルダーを含めていろいろなところに声をかけているところです。感触はまあまあといったところで、非常に期待しています」と同社関係者は話す。

価格についてはまだ決まっていないとのことだが、本国イタリアでは日本円にして450万~480万円で販売されているそうだ。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

  • 【キャンピングカーショー2017】ベース車として注目…フィアット デュカト 画像 【キャンピングカーショー2017】ベース車として注目…フィアット デュカト
  • FCAジャパン、年間販売台数が過去最高の2万台超 2016年 画像 FCAジャパン、年間販売台数が過去最高の2万台超 2016年
  • メルセデス商用車、販売新記録が確定…Vクラス 効果で 2016年 画像 メルセデス商用車、販売新記録が確定…Vクラス 効果で 2016年
  • オーテック、NV350キャラバン ライダー シリーズを仕様向上 画像 オーテック、NV350キャラバン ライダー シリーズを仕様向上

特集

おすすめのニュース