京成電鉄3500形「未更新車」が引退へ…さよならツアー実施

鉄道 企業動向
3500形の未更新車。2月に引退記念ツアーが行われる。
  • 3500形の未更新車。2月に引退記念ツアーが行われる。
  • 大規模なリニューアルで外観も大きく変わった3500形更新車。未更新車の引退後もしばらくは運用される見込みだ。
京成グループの京成トラベルサービスは2月25・26日の計2日間、「さよなら3500形未更新車記念ツアー」を実施する。

3500形は1972年から1982年にかけて96両が製造された、京成電鉄の電車。車体の外板にステンレスを採用し、京成の車両としては初めて冷房装置を搭載した。一部の車両は1996年から大規模なリニューアルが行われ、外観も大きく変化している。

京成トラベルサービスの発表などによると、リニューアルが行われなかった車両(未更新車)のうち、最後まで残った4両編成1本が2月で営業運行を終了することが決定。京成トラベルサービスはこれを受け、未更新車の乗車ツアーを企画した。

ツアーは2月25・26日の両日とも、京成上野駅を9時00分頃に出発して宗吾車両基地に向かうが、経路は「当日までのお楽しみ」。編成両端には「卒業」「感謝」と記されたヘッドマークを取り付ける。宗吾車両基地では未更新車と基地内の保存車両の撮影会を行う。

旅行代金は大人9400円・子供8400円。参加申込みは専用電話で受け付けている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集