【リコール】ポルシェ3車種、燃料パイプのボルトが緩むおそれ

自動車 テクノロジー 安全
ポルシェ911カレラ
  • ポルシェ911カレラ
  • ポルシェ718ボクスター
  • ポルシェ718ケイマン
ポルシェの日本法人、ポルシェジャパンは1月30日、『911カレラ』『718ボクスター』『718ケイマン』の3車種について、リコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、予防安全措置として実施するもの。ポルシェジャパンによると、フューエルコレクションパイプの固定に使用されているボルトが、緩む可能性があるという。

対象となるのは、911カレラ、718ボクスター、718ケイマンの3車種。日本に輸入された合計685台が、リコールに該当する。

ポルシェジャパンは、対象車を所有する顧客に連絡。サービス工場において無償点検作業を行い、最適化されたボルトと交換するリコール作業を実施する、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【リコール】レクサス NX200t など3万7000台、停車中に突然動き出す 画像 【リコール】レクサス NX200t など3万7000台、停車中に突然動き出す
  • 【リコール】アバルト 500、故障診断できないおそれ 画像 【リコール】アバルト 500、故障診断できないおそれ
  • 車両情報を利用したWebアプリを開発する「Webとクルマのハッカソン2017」開催 画像 車両情報を利用したWebアプリを開発する「Webとクルマのハッカソン2017」開催

特集