【オートモーティブワールド2017】ディープラーニングで歩行者検知、トーメンの自動運転ソリューション

自動車 ビジネス 国内マーケット
トーメンエレクトロニクス(オートモーティブワールド2017)
  • トーメンエレクトロニクス(オートモーティブワールド2017)
  • トーメンエレクトロニクス(オートモーティブワールド2017)
  • トーメンエレクトロニクス(オートモーティブワールド2017)
  • トーメンエレクトロニクス(オートモーティブワールド2017)
  • トーメンエレクトロニクス(オートモーティブワールド2017)
  • トーメンエレクトロニクス(オートモーティブワールド2017)
トーメンエレクトロニクスは1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第9回国際カーエレクトロニクス技術展」に出展した。

同社はオートモーティブワールド2017において、ナイトビジョン用赤外線カメラとディープラーニングを組み合わせた歩行者検知など、次世代ソリューションを提案する。

また、自動運転向け開発プラットフォームを中心としたソリューションも提案。NVIDIA社のGPUコンピューティングを軸に、開発ステップに応じたハードウェア環境、ソフトウェア開発まで、顧客の要望に沿った様々なソリューションを用意した。

同社は、自動運転技術に対する機運が高まる自動車業界に対する知見を強みに、自動車向けのみならず、様々な次世代モビリティに対して自律走行に関わるアルゴリズムの開発受託や各種センサーを提案。また、学習用データ取得およびタグ付作業など、BPOサービスを含めたソリューション提案を行っている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース