【オートモーティブワールド2017】「見えないものを測る」日本精機、クラウド遠隔監視システムを新開発

自動車 ビジネス 国内マーケット
日本精機のクラウド型遠隔監視システム「SMASH」(オートモーティブワールド2017)
  • 日本精機のクラウド型遠隔監視システム「SMASH」(オートモーティブワールド2017)
  • 日本精機のクラウド型遠隔監視システム「SMASH」(オートモーティブワールド2017)
  • 日本精機のクラウド型遠隔監視システム「SMASH」(オートモーティブワールド2017)
  • 日本精機のクラウド型遠隔監視システム「SMASH」(オートモーティブワールド2017)
  • 日本精機のクラウド型遠隔監視システム「SMASH」(オートモーティブワールド2017)
  • 日本精機のクラウド型遠隔監視システム「SMASH」(オートモーティブワールド2017)
  • 日本精機のクラウド型遠隔監視システム「SMASH」(オートモーティブワールド2017)
  • 日本精機(オートモーティブワールド2017)
日本精機は1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第9回国際カーエレクトロニクス技術展」に出展した。

日本精機は、新潟県長岡市に本社を置く。四輪車や二輪車のメーターをはじめ、高密度実装基板EMSや液晶表示素子モジュール、有機EL表示素子モジュールなどの製造と販売を手がけている。

同社のオートモーティブワールド2017のコンセプトは、「見えないものを測り、安全性・環境性・快適性の向上につなげる」。高い信頼性を持つ車載用の各種センサーや、IoT(モノのインターネット化)社会へ向けて、新開発した「SMASH」を展示する。

SMASHは、クラウド型の遠隔監視システム。各種センサーは、角度センサー、ストロークセンサー、圧力センサー、回転センサー、液位センサーを出展している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【オートモーティブワールド2017】自動運転の実現にも可能性、スマホで車をリモート制御・監視できる技術…アプトポッド 画像 【オートモーティブワールド2017】自動運転の実現にも可能性、スマホで車をリモート制御・監視できる技術…アプトポッド
  • 【オートモーティブワールド2017】モバイルアイを追い越せ!FPGAによる深層学習チップ 画像 【オートモーティブワールド2017】モバイルアイを追い越せ!FPGAによる深層学習チップ
  • 【オートモーティブワールド2017】メルセデス、BMW、アウディに宿る大阪の技術…太洋工作所 画像 【オートモーティブワールド2017】メルセデス、BMW、アウディに宿る大阪の技術…太洋工作所
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース