【東京オートサロン2017】亡き創業者の思いを乗せてトライアンフ・ロードスターをレストア…ワーク

自動車 ニューモデル モーターショー

ワークがレストアしたトライアンフのロードスター『TR3A』
  • ワークがレストアしたトライアンフのロードスター『TR3A』
  • ワークがレストアしたトライアンフのロードスター『TR3A』
  • ワークがレストアしたトライアンフのロードスター『TR3A』
  • ワークがレストアしたトライアンフのロードスター『TR3A』
アルミホイールの企画開発、製造販売を手がけるワーク(本社・大阪府東大阪市)は「東京オートサロン2017」でトライアンフのロードスター『TR3A』を初披露した。なんでもこの車は亡き創業者・田中毅氏の思い入れの強い車で、さまざまなエピソードがあるという。

トライアンフと言えば、2輪車メーカーとして有名だが、4輪車も1923年から1981年まで製造していた。展示車両のTR3Aは57年9月に登場した「TR」シリーズ第1期の最終型「TR3」のマイナーチェンジ版。1991ccの直4OHVエンジンを搭載し、最高出力101PS、最高速度177km/hを誇った名車だ。

なんでも田中氏がこの車を欧州で見つけ、日本に持ってきてレストアを開始。ところが未完成のまま2015年に他界してしまった。

「2017年は当社が創業40周年を迎えるので、創業者の思いを受け継いで、当時の風を『今、蘇る』をコンセプトに自社で全てをレストレーションしました。ただ、大方レストアできていたので、それほど大変な作業ではありませんでした」と同社関係者は説明する。

田中氏は天国から東京オートサロンに展示されたこの車を見てきっと喜んでいるだろう。
《山田清志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集