【オートモーティブワールド2017】自動運転関連のイスラエル企業が一堂に

自動車 ビジネス 国内マーケット
オートモーティブワールド2017 イスラエルパビリオン
  • オートモーティブワールド2017 イスラエルパビリオン
  • オートモーティブワールド2017 イスラエルパビリオン
  • オートモーティブワールド2017 イスラエルパビリオン
  • オートモーティブワールド2017 イスラエルパビリオン
オートモーティブワールド2017では自動運転やサイバーセキュリティ関連に特化したイスラエル企業を集めたパビリオン形式の専門ブースが設けられている。

イスラエル大使館のノア・アッシャー経済公使は「前回のオートモーティブワールドには14社が使節団として来場したが、今回は出展者として10社が参加している。サイバーセキュリティで2社、自動運転で3社など、それぞれ独自の技術をもった企業が一堂に会している」と紹介。

イスラエル企業をあつめたパビリオン形式の専門ブースを設けるのは今回が初めてで、アッシャー公使は「日本の企業とコラボレーションする上で重要な機会ととらえている」とした上で、「コネクティッドカーやサイバーセキュリティ関連でイスラエル企業に対する関心や需要が高まっているので、そのハブとなりえるよう出展している」と期待を込めている。

実際、ブース内では会期初日の午前中から活発な商談が行われており、「日本企業のほとんどがオープンイノベーションでの交流を求めている。イスラエル企業はオープンイノベーションのためのアイディアやコラボレーションノウハウを持っている。これまでイスラエル企業はアメリカやヨーロッパ企業と協業してきたが、日本企業とも深いかかわりをもっていきたい」と、アッシャー公使は語っていた。

オートモーティブワールド2017のイスラエルパビリオンは音声通信関連のAlango Technologiesを始め、レーダー技術のArbe Robotics、サイバーセュリティのArgusなど9社および単独出展のEyeshight Technologiesを加えた10社で構成している。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 【オートモーティブワールド2017】900社出展し開幕…展示面積2割増で過去最大 画像 【オートモーティブワールド2017】900社出展し開幕…展示面積2割増で過去最大
  • プロドライバーの不安と不満…SIP-adus 自動運転を考える市民ダイアログ 第2回 画像 プロドライバーの不安と不満…SIP-adus 自動運転を考える市民ダイアログ 第2回
  • VW、イスラエル企業に出資…配車アプリ事業に進出へ 画像 VW、イスラエル企業に出資…配車アプリ事業に進出へ
  • 自動運転テストコースなら北海道へ、無償提供する公道実証試験適地データに注目…名古屋オートモーティブワールド2020 画像 自動運転テストコースなら北海道へ、無償提供する公道実証試験適地データに注目…名古屋オートモーティブワールド2020
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース