【東京オートサロン2017】ALPINE STYLEのカスタマイズカーは車検対応、販売

自動車 ニューモデル モーターショー
「ALPINE STYLEカスタマイズカー」のトップモデル「トヨタ・ベルファイア」
  • 「ALPINE STYLEカスタマイズカー」のトップモデル「トヨタ・ベルファイア」
  • オートサロンのALPINE STYLEブースではカスタマイズした4台すべてが展示された
  • 「ALPINE STYLEカスタマイズカー」の「ホンダ・ヴェゼル」
  • 「ALPINE STYLEカスタマイズカー」の「トヨタ・ハリアー」
  • 「ALPINE STYLEカスタマイズカー」の「マツダ・CX-3」
  • 「CX-3」の運転席周り。マツダコネクトは交換不可であるため、アルパイン製ナビは装着されていない
  • 「CX-3」の内装。シートカバーやフロアマットは専用品を施す
  • 「CX-3」のスピーカーは、ミッドレンジは純正のままだが、ツィータはアルパイン製を組み合わせた
アルパイン製品の企画・開発・製造・販売を行うアルパインマーケティングは、1月13日、「ALPINE STYLE(アルパインスタイル)カスタマイズカー」を発表した。販売はアルパインの公式直販Webサイト「アルパインストア」とオーソライズドディーラーで17年4月より開始する。

アルパインマーケティングによれば、2015年に発表した「ALPINE STYLE プレミアムスペースデザイン」は、車種ごとに最適な車内空間をデザインすることに対して高い支持を獲得。それらの結果から車内空間のみならず、クルマ1台をまるごと「ALPINE STYLE」としてカスタマイズカーを企画開発することになったという。

販売するのは、トヨタ『ハリアー』、トヨタ『ヴェルファイア』、ホンダ『ヴェゼル』、マツダ『CX-3』の4車種で、順次、車種のラインナップを拡大していく。車内にはシートカバーやステアリングなどのインテリアパーツを装着し、外装についてはエアロパーツやホイールなどのエクステリアパーツもオリジナルパーツとして開発。さらにCX-3を除く各車には、同社のカーナビゲーション「ビッグX」を車種専用の車内エンターテインメントシステムとして組み込む。

車両は各ディーラーより“業販”として仕入れ、その各車両に希望に応じた装備を横浜市内にあるアルパインマーケティング工場で装着して販売する。各パーツは全て車検対応となっており、車両のメンテナンスは各自動車ディーラーで対応できる。車両価格は装着するパーツによって左右されるが、出展していたCX-3はカーナビの装着ができないこともあって車両台+60万前後、フル装備したヴェルファイアで車両台+200万円前後になるという。ただ、装着パーツは希望に応じて選べ、パーツによってはセット割引なども検討中だという。

リアル店舗で販売を行うオーソライズドディーラー1号店は、福岡市に拠点を置くニューズが2017年4月1日にオープン。ニューズはカスタマイズカー製作を得意とし、コンプリートカー販売においては国内でも先駆け的なカーショップとして知られる。アルパインマーケティングによれば、当面はこの1社でスタートし、市場の動向を見ながら全国へと広げていく考えだ。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京オートサロン2017】ALPINE STYLEからカスタマイズカーが登場 画像 【東京オートサロン2017】ALPINE STYLEからカスタマイズカーが登場

特集