【デトロイトモーターショー2017】トヨタ カムリ 新型、発表…ハイブリッド新開発

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタ・カムリ新型(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images
  • トヨタ・カムリ新型(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images
  • トヨタ・カムリ新型(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images
  • トヨタ・カムリ新型
  • トヨタ・カムリ新型
  • トヨタ・カムリ新型
  • トヨタ・カムリ新型
  • トヨタの豊田社長(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images
トヨタ自動車は1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017において、新型『カムリ』を初公開した。

8代目となる新型カムリは、カムリが培ってきた高い品質・耐久性・信頼性や実用性に一層磨きをかけるだけでなく、世界中の顧客の心を揺さぶり、所有する・操る喜びや感動を提供することを目指して開発された。

また、「もっといいクルマづくり」に向けた「Toyota New Global Architecture」(TNGA)による構造改革を、これまで以上に推進。プラットフォームに加えパワートレーンユニットも一体的に開発することで、エモーショナルで美しいスタイルや、意のままの走りを実現する。

外観は、走りを予感させるスポーティで洗練されたデザインを追求。バンパーコーナーをより立体的で大胆な構成にした「アンダープライオリティ」により、トヨタ独自フロントの表情「キーンルック」を進化。スリムなアッパーグリルと大きく構えたロアグリルを対比させ、低重心感とワイドなスタンスを強調した。

インテリアは、TNGAに基づく新パッケージにより、前方視界に優れた軽快でスポーティなインパネとグローバルミッドサイズセダンに相応しい広々とした空間を両立。次世代インターフェースとして、カラーヘッドアップディスプレイ、マルチインフォメーションディスプレイ、8インチオーディオビジュアルナビゲーションシステムが相互にリンク。操作性を大幅に向上しつつ、流れるような曲線が際立てるフラッシュサーフェイスの表示パネルが未来感を演出する。

ハイブリッド車では、2.5リットル用のトヨタハイブリッドシステムを一新。小型・軽量・低損失化技術を、高燃焼効率・高出力の新型エンジンと組み合わせることで、優れた動力性能と低燃費を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集