マツダ、工場構内で恒例の駅伝大会開催…2月12日、3月5日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
マツダ駅伝大会(参考画像)
  • マツダ駅伝大会(参考画像)
  • 愛情防府マツダ駅伝競走大会(参考画像)
マツダは、2017年2月12日に防府工場(山口県防府市)で「愛情防府マツダ駅伝競走大会」を、3月5日に本社工場(広島県安芸郡府中町および広島市南区)で「マツダ駅伝大会」を開催する。

両大会は、マツダが社会貢献活動の一環として、地域住民との交流を深めることを目的に毎年開催。一般参加可能な「コミュニティの部」と、マツダ社員が参加する「社内の部」を設けている。

愛情防府マツダ駅伝競走大会は、防府市内に事業所を置く企業による地域貢献活動「愛情防府運動」の一環として、1994年から開催しており、今回で24回目。競技は、防府工場西浦地区構内の全行程13.3Kmを8区間に分けたコースで行う。

マツダ駅伝大会は、1966年に社内行事として始まり、今回で52回目。1981年からは社外の人々を対象とした「コミュニティの部」も設け、地域交流イベントとして好評を得ている。競技は、全長約560メートルのマツダの専用橋「東洋大橋」を含む、本社工場構内の全行程16.3Kmを7区間に分けたコースで行う。

また、駅伝大会と合せて自動車企業博物館「マツダミュージアム」を開館し、大会参加者だけでなく、広く地域住民にも足を運んでもらう機会としている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集