正面衝突事故防止へ緊急対策、上下線分離をポールからロープへ

自動車 テクノロジー 安全
ワイヤーロープ
  • ワイヤーロープ
  • ラバーポール
国土交通省は12月20日、高速道路の正面衝突事故防止の緊急対策として、暫定二車線区間の上下線区分をラバーポールからワイヤロープに代え、安全対策の検証を行うと発表した。

現在、高速道路(有料)の約3割を占める暫定二車線区間については、大部分が上下線をラバーポールで区分する構造となっているが、反対車線への飛び出し事故が発生するなど安全性の課題が指摘されている。暫定二車線区間では、2015年には334件の反対車線への飛び出し事故が発生し、死亡事故の発生確率が四車線区間の約2倍となっている。

国交省ではこれまで、機動的な四車線化や付加車線の設置検証を進めているが、緊急対策として、ラバーポールに代えてワイヤロープを設置することによる安全対策の検証を行うことを決定した。

具体的には、全国の暫定二車線区間約1000km(土工区間)のうち、約100kmに来春よりワイヤロープを設置し、安全対策の検証を行う。また、検証にあたり技術的助言を求める技術検討委員会を設置し、12月26日に第1回会合を開催。さらに橋梁やトンネルなど構造物区間における安全対策技術を公募する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集