【2017年3月JRダイヤ改正】新潟~糸魚川結ぶ快速が廃止…485系定期運行も終了

鉄道 企業動向
新潟~糸魚川間を結ぶ快速列車は来年3月のダイヤ改正で廃止。車両は特急『北越』などで使われていた485系を使用している。写真は『北越』で使われていた頃の485系。
  • 新潟~糸魚川間を結ぶ快速列車は来年3月のダイヤ改正で廃止。車両は特急『北越』などで使われていた485系を使用している。写真は『北越』で使われていた頃の485系。
  • 新型車両のE129系は引き続き投入され、普通列車(電車)の約8割がE129系になる。
JR東日本新潟支社は12月16日、2017年3月4日に実施するダイヤ改正の概要を発表した。新型車両を引き続き導入する一方、新潟~糸魚川間の快速列車を廃止する。

発表によると、E129系を信越本線と白新線、羽越本線、越後線に投入。これにより新潟支社内の普通列車(電車)の約8割がE129系になる。信越本線の直江津~長岡間では、E129系2両編成を使用した直江津発~長岡行きの快速列車を土曜・休日の午前に運行。一部の普通列車は車掌が乗務しないワンマン運転に変更する。

このほか、新潟~糸魚川間で1往復運行されている快速列車が廃止される。この快速列車は2015年3月、北陸新幹線の長野~金沢間延伸開業と並行在来線の経営分離(2015年3月)にあわせて運行を開始。新潟~直江津間はJR信越本線、直江津~糸魚川間はJR北陸本線の経営を引き継いだえちごトキめき鉄道の日本海ひすいラインを走る。

新幹線開業に伴い廃止された特急『北越』の代替となるもので、車両は国鉄時代に製造され、『北越』などで使用していた485系特急形電車を使用している。485系は北海道から九州まで全国各地の特急列車で使われた車両だが、定期運行の列車で使われているのは現在、新潟~糸魚川間の快速列車だけとなっている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • JR全国ダイヤ改正は2017年3月4日…北海道の特急体系を変更 画像 JR全国ダイヤ改正は2017年3月4日…北海道の特急体系を変更
  • JR東日本、黄赤の「新潟色」電車を復活 2017年1月デビュー 画像 JR東日本、黄赤の「新潟色」電車を復活 2017年1月デビュー
  • 南海電鉄、空港急行の混雑緩和…2017年1月ダイヤ改正 画像 南海電鉄、空港急行の混雑緩和…2017年1月ダイヤ改正
  • 東京メトロ、銀座線と丸ノ内線で増発 2017年1月ダイヤ改正 画像 東京メトロ、銀座線と丸ノ内線で増発 2017年1月ダイヤ改正

特集