近鉄、大阪阿部野橋駅に「ロープドア」 2017年度に試験

鉄道 企業動向
大阪阿部野橋駅に設置されるホームドアのイメージ。ワイヤーロープを使った昇降式を採用する。
  • 大阪阿部野橋駅に設置されるホームドアのイメージ。ワイヤーロープを使った昇降式を採用する。
近畿日本鉄道(近鉄)は12月15日、南大阪線のターミナル・大阪阿部野橋駅(大阪市阿倍野区)に可動式ホーム柵(ホームドア)を設置すると発表した。2018年度中の本格的な設置を目指す。

発表によると、大阪阿部野橋駅の一部のホームに、ワイヤーロープを上下させる昇降式のホームドアを設置。これによりドアの数や位置の異なる複数の車両形式に対応する。まず2017年度中に試験的に設置して実用上の課題を検討し、2018年度中の本格的な設置を目指す。

近鉄は他の駅についても「各駅の状況を勘案しながら、技術的に設置可能な駅から順次整備することを目指して検討してまいります」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集