【谷保天満宮旧車祭16】RX-7 や コンパーノスパイダー などのスポーティーカー

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
マツダ サバンナ RX-7(1978年)
  • マツダ サバンナ RX-7(1978年)
  • マツダ サバンナ RX-7(1978年)
  • マツダ サバンナ RX-7(1978年)
  • マツダ サバンナ RX-7(1978年)
  • マツダ サバンナ RX-7(1978年)
  • マツダ サバンナ RX-7(1978年)
  • ダイハツ コンパーノ スパイダー(1967年)
  • ダイハツ コンパーノ スパイダー(1967年)
去る12月4日、東京都国立市の谷保天満宮の境内と周辺で開催された「谷保天満宮旧車祭2016」。約200台が集まった中で、ここではちょっと懐かしいスポーティカーをピックアップしてみた。

おやっと思わせたのは、1978年式のマツダ『サバンナ RX-7』。初代の「SA22C」型だ。クリーンなスタイルはそのままの未再生でフルノーマル。走行距離は2万km未満と、程度は抜群。ホイールリングも当時流行したものだ。ただしオーナーによれば燃費は町中で3~5km/l、高速でも7km/lというから、やはりこの時代のロータリーは大食いだったのだと改めて思わされる。

拝殿横に鎮座していたのはダイハツ『コンパーノ スパイダー』(1967年)。網目フロントグリルの前期型だ。ベースであるセダン『コンパーノベルリーナ』に積まれていた800ccを1000ccに排気量アップ、更にソレックス製のツインキャブなどにより、最高速度145km/hを達成していた軽量4座オープン。今もスタイリッシュで、ハヤシストリートが良く似合っていた。

トヨタ『2000GT』(1967年)もフォグランプが大きい前期型。相変わらずの人気で見学者が多く集まっていた。地味ながら存在感があったのは、日産初のピラーレスハードトップ『ローレル』2000GX(1971年)や、シックなツートンカラーにしたいすゞ『べレット』1600GT(1970年)、チェーンアクスルのホンダ『S600』、最終型のスバル『ヤングSS』(1970年)など。

新しめの車両では、ホンダ『NSX』やマツダ・オートザム『AZ-1』といったバブル末期に登場したスポーツカーなどが目立っていた。
《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース