「五」を書くと合格? 新京成電鉄、受験生向けの縁起切符発売 12月15日

鉄道 エンタメ・イベント

「祈念きっぷ」のデザイン。表面(左)には「五」を書く酉が描かれ、裏面(右)は願い事を書くスペースが設けられている。
  • 「祈念きっぷ」のデザイン。表面(左)には「五」を書く酉が描かれ、裏面(右)は願い事を書くスペースが設けられている。
新京成電鉄(千葉県)は12月15日から、受験生向けの縁起切符「『五を書く』で合格!祈念きっぷ」を発売する。

新京成が合格祈願シリーズの切符を発売するのは、これが3回目。三咲駅から五香駅までの片道乗車券と三咲・五香両駅の入場券が、台紙と一体になっている。今回は五香駅の駅名標の「五」を書いている酉(とり)の姿が台紙に描かれる。

台紙から切符を切り取ると絵馬のような形になる。初富駅には「祈念きっぷ」専用の絵馬掛けが設置され、台紙の裏面に願い事を書いて自由に奉納できる。

発売額は500円で、3000セット限定。新鎌ヶ谷・京成津田沼両駅を除く新京成線の各駅で発売される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集