【ホットロッドショー16】カスタムバイクに宿るハーレーVツインの息吹

モーターサイクル エンタメ・イベント

25周年を迎えたヨコハマ・ホットロッドカスタムショー。ハーレーダビッドソンのVツインエンジンを搭載するカスタムモデルはじつに多い。
  • 25周年を迎えたヨコハマ・ホットロッドカスタムショー。ハーレーダビッドソンのVツインエンジンを搭載するカスタムモデルはじつに多い。
  • ハーレーダビッドソンのVツインエンジンを搭載するカスタムモデル(ヨコハマ・ホットロッドカスタムショー)
  • ヨコハマ・ホットロッドカスタムショーでのハーレーダビッドソンジャパンのブース。
  • ヨコハマ・ホットロッドカスタムショーでのハーレーダビッドソンジャパンのブース。
  • ヨコハマ・ホットロッドカスタムショーでのハーレーダビッドソンジャパンのブース。
  • ヨコハマ・ホットロッドカスタムショーでのハーレーダビッドソンジャパンのブース。
  • ヨコハマ・ホットロッドカスタムショーでのハーレーダビッドソンジャパンのブース。
  • ヨコハマ・ホットロッドカスタムショーでのハーレーダビッドソンジャパンのブース。
MOONEYES(神奈川県横浜市)が主催するカスタムカー&モーターサイクルイベント『ヨコハマ・ホットロッドカスタムショー』。

25周年となる今年もパシフィコ横浜にて開催されたが、メインステージの前に大きなブースを構えたのは、今回もハーレーダビッドソンジャパン(以下、HJD)だった。

今年はニューモデルの展示は『CVOストリートグライド』の1台のみで、あとは1913年に日本に初めて輸入された『モデル9-E』の実物と、歴代のVツインエンジン単体を広いスペースを贅沢に使って置いた。

多くのカスタムバイクには、年代を問わずハーレーダビッドソンのVツインエンジンが積み込まれている。掲げられたバナーには『THE HEART OF EVERY CUSTOM BIKE』とあり、強烈なインパクトを放つディスプレイとなった。

展示されたエンジンは以下の通りで、まるでミュージアム。フラットヘッド(1929年~)から、ナックルヘッド(1936年~)、パンヘッド(1948年~)、ショベルヘッド(1966年~)、エボリューション(1984年~)、ツインカム(1999年~)、そして新作エンジンとなるミルウォーキーエイトへと眺めていくと、脈々と受け継がれるハーレーダビッドソンVツインエンジンの伝統を感じずにはいられない。

たしかに会場を見回すと、ハーレーがじつに多い。特に人気があるのが、ショベルヘッド、パンヘッド、ナックルヘッドの時代のものだ。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集