【ホンダサンクスデー16】アロンソ、マルケス、琢磨らがガチンコ対決…今年も盛り上がったカート大会

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
ホンダサンクスデー2016(カート大会)
  • ホンダサンクスデー2016(カート大会)
  • ホンダサンクスデー2016(カート大会)
  • ホンダサンクスデー2016(カート大会)
  • ホンダサンクスデー2016(カート大会)
  • ホンダサンクスデー2016(カート大会)
  • ホンダサンクスデー2016(カート大会)
  • ホンダサンクスデー2016(カート大会)
  • ホンダサンクスデー2016(カート大会)

ツインリンクもてぎで行われた「ホンダ・レーシング・サンクスデー2016」で、今年も国内外で活躍するドライバー、ライダーが集まってのカート大会が盛り上がった。

今年は2部構成で開催され、1回目ではMotoGPに参戦するマルク・マルケス、ダニ・ペドロサに加え、4輪ではF1のフェルナンド・アロンソ、ストフェル・バンドーン、そしてインディカーに参戦する佐藤琢磨らが登場。レース前から同じスペイン出身のアロンソとマルケスが「絶対に負けない!」と互いを警戒するなど、早くもガチンコ勝負のモードになっていた。

レースでは、序盤は団子状態で各所でサイド・バイ・サイドとなるバトルで盛り上がったが、後半はアロンソ、バンドーン、琢磨の三つ巴に。最終ラップまでも連れ込んだ戦いは琢磨が勝利。2位にアロンソ、3位にバンドーンという結果になった。

続く第2部では国内で活躍するドライバーやチーム監督らが登場。2人一組のセミ耐久戦として開催された。

アロンソはSUPER GTとスーパーフォーミュラで活躍する野尻智紀と、バンドーンは同じベルギー出身で国内レースに参戦するベルトラン・バケットと組んだ。2台とも前半からトップ争いを展開し、後半は野尻vsバンドーンの対決に。ちょうどスーパーフォーミュラではDOCOMO TEAM DANDELION RACING同士の対決で、サイド・バイ・サイドの攻防戦で盛り上がった。結果的にバンドーンが勝利したが、野尻も一歩も引かない走りを見せ、会場に詰めかけていたファンも実際のレースを見ているように興奮していた。

《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース