【ホンダ NSX 新型】職人技と先進技術融合の専門工場[動画レポート]

自動車 ニューモデル 新型車
PMC外観
  • PMC外観
  • 各工程の壁がなく一体感を重視した工場
  • ホイールのアライメント調整作業
  • 360度回転式治具を使ったシーラー塗布
ホンダは『NSX』(北米などでは『アキュラNSX』)の専門工場である米国オハイオ州の「パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター」(PMC)を10月下旬にフル稼働させた。

約7000万ドル(約77億円)を投じて同州メアリズビル工場敷地内に開設、5月に生産を始めていた。PMCの面積は1万7000平方mで東京ドームの3分の1強とコンパクトだが、車体溶接、塗装、組み立て、検査と、プレス工程を除き一貫した設備を備える。

生産に従事するのは、オハイオ州内の工場の約6000人から選抜した熟練者約70人で、平均20年の経験をもつ。フル稼働といっても日産8台の少量生産。ベテランの職人技を存分に生かしなら、100%ロボットによる車体ミグ溶接など先進技術を融合させ、高品質の造り込みを行っている。




《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース