【ロサンゼルスモーターショー16】マツダ CX-5 新型…日本の美意識を造形に[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
マツダ CX-5 新型
  • マツダ CX-5 新型
  • マツダ CX-5 新型
  • マツダ CX-5 新型
  • マツダ CX-5 新型
  • マツダ CX-5 新型
  • マツダ CX-5 新型
  • マツダ CX-5 新型
  • マツダ CX-5 新型
2世代目となる新型マツダ『CX-5』は、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「全ての顧客を笑顔にするSUV」をキーワードに、マツダが一貫して追求する走る歓びのさらなる深化に挑戦した。

「日本の美意識」に改めて注目したというデザインは、「洗練された力強さ」をキーワードに「成熟した骨格」「品格のあるフォルム」「仕立ての良い質感」の3つを軸にエクステリア・インテリアを仕上げた。エクステリアでは前後トレッドを10mm拡大、Aピラーを約35mm後退させ安定感と力強さを表現。さらに薄く低く構えたヘッドランプや、フロントグリルを立体的な造形とすることで精悍なイメージをつくり上げている。

インテリアは居心地の良さを追求したパッケージング、デザインを追求。シフトノブの位置を先代比で約60mm(AT車)、約40mm(MT車)上方に設置し操作性を向上したほか、前方視界の改善、座面に新素材を採用し乗り心地を向上させるなど、「人間中心」のコンセプトを具現化したパッケージングとしている。

ボディサイズは全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm、ホイールベース2700mm。現行モデル比で全長が5mmプラス、逆に全高は15mmダウンしている。全幅は変わらない。

パワートレインには、「SKYACTIV-G 2.0」、「SKYACTIV-G 2.5」、「SKYACTIV-D 2.2」の3種類を、市場ごとに適切なラインアップで展開。マツダは、「いずれも力強くリニアな走行性能と優れた環境性能を実現する」とコメントしている。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集