イメージは「球磨地方の森」…JR九州の新観光列車、2017年夏頃から運行

鉄道 企業動向
観光列車『かわせみ やませみ』専用車両の車内イメージ。地元産のヒノキやスギを使う。
  • 観光列車『かわせみ やませみ』専用車両の車内イメージ。地元産のヒノキやスギを使う。
  • 『かわせみ やませみ』専用車両の車内イメージ。ビュッフェやサービスカウンターも設けられる。
  • 『かわせみ やませみ』専用車両の外観は今年4月に発表されている。
JR九州はこのほど、鹿児島本線・肥薩線の観光列車『かわせみ やませみ』の車内デザインを決めたと発表した。地元の素材を使って車内を装飾する。

『かわせみ やませみ』は熊本(熊本市)~人吉(熊本県人吉市)間での運行が計画されている、JR九州の観光列車。2017年夏頃から毎日3往復程度の運行を予定しており、気動車2両を改造した専用車両(定員70人程度)で運行する。

今回の発表によると、列車が走る球磨地方の森をイメージしたデザインとし、人吉球磨産のヒノキや人吉産スギを使用する。座席はリクライニングシートやボックスシート、窓向きのカウンター席を設ける。軽食を提供するビュッフェや地元特産品を販売するサービスカウンター、肥薩線沿いの球磨川を見られる展望スペースも設ける。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 伊豆急行の「水戸岡」観光列車、横浜~下田間で運転 2017年7月から 画像 伊豆急行の「水戸岡」観光列車、横浜~下田間で運転 2017年7月から
  • JR九州、WTO政府調達協定の対象から除外 画像 JR九州、WTO政府調達協定の対象から除外
  • JR九州、発足30周年に先立ち上場へ…JR三島初 画像 JR九州、発足30周年に先立ち上場へ…JR三島初
  • 小海線で改造気動車の観光列車を運行へ 2017年7月以降 画像 小海線で改造気動車の観光列車を運行へ 2017年7月以降

特集